フリーの動画編集ソフト「AviUtl」を使ってユーチューバー(仮)始めました!

はしゃぐ子供

始めに

フリーソフトのロイロゲームレコーダーを使って簡単にPC 画面 を 録画 できた!

上の記事では録画ソフトの簡単な使い方の説明と一緒に、どうして動画投稿を始めるのかも書いているのですが、こちらでも書いていこうと思います。

 

ブログ記事の場合はきちんと調べ物をして、みなさんが読んで役立つ記事を書いている(つもり)です。

それはそれで楽しいのですが、動画投稿の方では雑談も交えながら気軽にやっていこうと思っております。

 

またWebサービスやアプリの使い方などの場合は文字やキャプチャ画像で説明するよりも、動画で説明した方がわかりやすいかなとも思っています。やっぱり視覚から得られる情報の方が大きいですからね。

 

またSEO的にも記事中に動画を入れたほうがいいみたいなので、それも実践していこうかなと。

 

最終的にはブログを読んでくれた人が動画を、動画を見てくれた人がブログを。

という風にどちらも楽しんでもらえればと思っとります。はい。

 

そしてここからは動画の録画の後の編集作業。

それを行うソフトの「AviUtl」を使って実際に編集作業をやってみたので、簡単な流れだけでも紹介していこうと思います。

 

動画作成の流れ

基本的な動画の作成の流れは動画を録画してから、それから編集作業になるのですが、

今回は一枚の画像と字幕とBGMを使って動画のエンディングを作ってみました。クオリティの低さには期待してもらってもいいですよ(笑)

エンディングがあるだけでいい感じの動画になるんじゃね?という安易な考えで作ってみましたが、作成中は楽しかったです。

続けていれば多少は技術がついてくると思うので、そのうち作りなおすとは思うのですが、自分では結構気に入っています。

成果の動画は記事の最後に載せようと思いますので、首を低くして待っていてくださいね。

 

素材画像・BGMを用意する

まず今回はエンディングのための画像とBGMを最初に用意しました。

 

まず用意した画像はこちら。

Youtubeのエンディング動画

この画像を基本として、後はテキストやBGMを追加していく形になります。

これで皆様もこのエンディング動画のクオリティは想像できると思いますが、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

バックの背景画像はいつも利用させてもらっているフリーの画像素材サイトの画像です。

ほとんどの画像が商用フリーで表記などの必要がなく、しかもクオリティが高くて個性的な画像もたくさんあるので、気に入っているサイトです。

いや、ほんと感謝です。

余談ですが、こういう素材に使う画像を探しているときが一番楽しい時間だったりします( ゚Д゚)

 

そしてBGMの素材はOVA-SYNDROMEというサイトを使わせてもらいました。こちらも基本的には商用フリーで表記などの義務もなし。クリエイターの人によって多少ライセンス事項などがちがったりするのですが、ほとんどが自由に利用できるようです。

そして色々とBGMを聞いていると、有名ユーチューバーのオープニングやエンディングなどのよく聞きなれた音楽も聞こえてきて、「もしかしたらあの人もここから利用しているのかな」ということがありました。

どの音楽もクオリティが高いので、僕の動画もそれ以外が低クオリティでもBGMのおかげでいい感じになっている気がします。

実際に選んだ音楽は最後の動画までお待ちを。

 

またこのサイトでダウンロードしたBGMのファイルはAviutlで使えないタイプなので、一度MP3のファイルに変換しないといけません。

僕はこちらのファイル変換サイトを利用しました。

最初ダウンロードしたBGMが使えずに困っていましたが、探せば誰かが用意してくれているものなんですね。ありがたや。

 

編集ソフトの準備

次の動画の編集作業なのですが、最初の作業としてソフトのダウンロードなど編集環境を整えないといけません。

「Aviutl 」のダウンロードとまた高度な編集作業の機能のための拡張機能のダウンロードなどについては以下のページを見てください。

初心者に見てほしい、ほんとうのAviUtlの使い方

僕は上の記事を見ながらダウンロードなどと各種設定、基本操作を勉強しました。

僕がこのページで説明するのを丸投げしてしまうくらい、しっかりとやり方を説明してくれているので上記のページを参考に、どうぞ。

またAviutl はたくさんの人が使っているソフトなので、何か困ったときにもググれば解決方をすぐに見つけることができると思います。

 

これから僕が実際に操作をしながらキャプチャ画像を撮って説明していくのですが、書いた後に自分で読み返してみて思ったのが「自分の説明わかりにく!」ってことでした( ゚Д゚)

今回は大体の流れを紹介するつもりで大分省略しながら説明していくのですが、もっと分かりやすい説明のページで勉強したい!ということでしたら上記のページから読んでください。

 

「しゃあなし、荒川の記事を読んだろか」という人がいたら続きをどうぞです。(笑)

 

実際の編集作業

Aviutlのウィンドウ

Aviutlの拡張機能を加えて状態だといくつかのウィンドウで構成されています。

一つが今作業中の画面のプレビューを映しているメインウィンドウ。

また実際に動画を再生しながら出来栄えを確認するための再生ウィンドウ。

そして色々な機能があるツールウィンドウ。

メインの動画、BGM、字幕などのテキストなど、いくつかのレイヤーで構成されているタイムライン。

タイムライン上のオブジェクトを選択すると表示されて、BGMの大きさや速さ、テキストやイラストの大きさや位置の調整のための設定ウィンドウ。

 

ではさっそくエンディング動画を作っていこうと思います。

最初にメインとして使う画像をタイムライン上のドラッグ&ドロップ。Aviutlのキャプチャ

するとタイムライン上に帯ができたのと、画像の設定ウィンドウが出てきます。

またメインウィンドウにも画像が表示されていますね。

 

Aviutlのキャプチャ

帯の端を引っ張るとその画像が表示される時間を伸ばしたり、短くしたりすることができます。

 

つぎにBGMを追加してみましょう。

今度はタイムラインで左クリックをします。するとリストが出てきますので、その一番上にあるメディアオブジェクトの追加→音声ファイルを選びます。

Aviutlのキャプチャ

するとLayer2の部分に音声ファイルのオブジェクト、そして音声ファイルの設定ウィンドウが出てきます。

音声ファイルのオブジェクトの帯を動画全体になるように伸ばせばBGMにできますし、効果音などの場合は短く利用すればできます。

次に設定ウィンドウの「参照ファイル」という部分から実際に使う音声ファイルを選びます。

またBGMの大きさや速さ、再生位置などもここで調整できます。

 

基本的にはこの作業の繰り返しで、オブジェクトを追加して、それを設定ウィンドウで調整をする。といった流れになります。

 

あとは字幕なども追加していきますが、その部分は大体一緒になるので飛ばします。

 

そして次に保存ですが、ファイル→プラグイン出力→拡張 x264出力(GUI) Ex を選択します。

プラグインというのはソフトの拡張機能になり、ソフトだけをダウンロードしても最初からはないのですが、上記で紹介したページでダウンロードなどの仕方なども載っています。

Aviutlのキャプチャ

するとこのウィンドウが表示されるので、次は左下にある「ビデオ圧縮」を選びます。

Aviutlのキャプチャ

そして左の上のあたりにある部分が「シングルパス – 品質基準VBR(可変レート)」になるようにしてからOKを押します。

するとひとつ前のウィンドウに戻るので、動画の保存場所に移動してから保存をクリック。

 

この後は出来上がった動画をYoutubeにアップロードするだけです。

 

 

最後に

そして最後になりますが、最終的に完成したエンディング動画を紹介します。

これを毎回の動画に付ければ、多少は動画全体のクオリティが上がる、、、はず。

 

 

調べてみると画像の素材サイトだけでなく、動画の素材サイトというのもあるらしく、有料や無料のものなど色々とありました。

有料の動画のクオリティは言わずもがなですが、無料でも素敵な素材動画がたくさんありました。

空の風景や動物の動画、またCGで作られたものなど、組み合わせ次第で凄いクオリティのが作れそうかなと思いました。

面白そうなのでとりあえずもう少し調べてみます。

 

拙い動画と拙い説明でしたが、最後まで読んでくれてありがとうございました。

では、また。

スポンサーリンク


オンライン学習講座プラットフォーム『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/