考えがまとまらないならノートに書き出す。思考と記憶の整理術。

ノートを書くビジネスマン

はじめに

どうしても頭の中がまとまらずにモヤモヤした気分になってしまう時って誰でもあると思います。

 

何か嫌な事があったのか。

そうでなくても何となく気分が晴れない時ってありますよね。

 

ぐるぐるぐるぐる同じ事を頭の中で考えて。でもどれだけ考えても解決策が見つかったり、スッキリする事はない。

そういう時は生活全般のモチベーションが下がってしまい、何もやる気が出なかったり。

 

僕の場合はそういう時、筋トレをしたり、瞑想をしたり。

お昼ごろの時間ならいっそのこと昼寝をして気分転換をはかります。

 

そのほかにも散歩とかもストレス発散には効果的かもしれません。

 

そして最近知ったのですが、「ひたすら思い浮かんだことをノートに書いていく」というものがあるようです。

ゼロ秒思考法と呼ばれている方法ですね。

今回はそれについて書いていこうと思います。

 

 

バックに入っているノートとスマホ

ゼロ秒思考のやり方について

ゼロ秒思考」という本で紹介されて広まっていったゼロ秒思考トレーニング。

やり方と言ってもコストはほとんどかからずに実行することができます。

 

必要な物はA4用紙と書きやすいペンだけ。

 

  1. A4用紙を横書きで書く
  2. 左上にタイトルを。右上に日付を書く
  3. 4~6行、一行20~30字で書く
  4. 一枚一分で書く
  5. それを一日に10~20枚書く

自分の気が済むまで書いてもストレス発散にはなりますが、

1分という時間を守る事によって、より効果を実感できるようです。

 

僕は何事も自己流でやってしまうタイプではあるのですが、今回はルールは守ってやってみようと思います。

10枚書いたとしても10分ちょっとくらいの時間ですから、忙しい人でも実践しやすいですしね。

 

 

 

日差しの入る森

ゼロ秒思考の効果について

・頭が整理されてスッキリする

まあ、これがメインの効果ですよね。この効果が他の面にも好影響を及ぼすぐらいの大事な部分です。

 

人間の脳はアウトプットをする方が記憶の整理が行われて覚えやすいって言うのは良く聞きます。

勉強とかでも暗記だけでなく、実際に問題形式で解いた方が頭に残る。

特に自分でしっかりと考えて出して、それでも間違えた解答などは「くやしい」気持ちもあってか記憶として定着しやすいです。

 

アウトプットによる記憶の整理の効率化を勉強だけに使うのではなく、普段から心の中で思っている事に対して行うのがゼロ秒思考トレーニング。

「なんだかモヤモヤした気分」「お腹いっぱいで眠い」「これからは腹八分目にしよう」「暴飲暴食をすると結局後からしんどい」

など、最初にテーマを決めた後は、自分の頭の中に思い浮かんだことをそのまま書いていきます。

 

これを日常的に続けていれば、普段から頭の中が整理整頓されている状態になり、脳内メモリに余裕が出来る。

メモリに余裕が出来れば、普段の勉強や仕事の効率が上がるので、生活全般の質が上がっていく。

生活の質が上がれば自然と自分の置かれている環境も良くなっていき、精神的にも落ち着いた気分になる。

 

いつ、突発的なイレギュラーに巻き込まれるかは分かりません。

小さなことでも、トラブルに巻き込まれるたびにイライラしていたりしたら精神的に辛いです。

そのためにも普段から頭の容量に余裕を持っていれば、急なトラブルにも対応しやすくなるでしょう。

 

 

・ストレス発散になり、気分爽快

頭の整理が普段からされていれば心に余裕が生まれ、その状態ならイライラしたり落ち込んだりすることもかなり少なくなると思います。

やる事一杯、考える事一杯の時ってちょっとしたことでイライラしてしまいがち。そんな時の頭の整理にはゼロ秒思考が効果的。

 

ストレス発散には、それを人に聞いてもらうと気分が晴れると言われますが、いつも人に話せるわけではありません。

タイミングの問題だったり、内容的に人に話せるようなものではなかったり。

それにいつもネガティブな相談ばかりというのも、相手が友達であろうと恋人であろうと嫌な気分にさせてしまうかも。

 

そんな事にならないためにも自分一人でも行えるストレス発散方法があった方が良い。

ゼロ秒思考もアウトプットを行うので、それ自体がストレス発散にもなります。

 

その日ムカついたことなどを紙に書いたら、その紙を破いて捨ててしまうのもいいかもしれませんね。

 

一人で出来る気分転換には、瞑想や筋トレ。音読や昼寝、カラオケなど色々とあると思いますので、この辺は自分に合ったものから始めてもらえればと。

そのうち他の物にも挑戦したくなってくると思うので。

 

 

・ポジティブ気分が多くなり、いろんな事にチャレンジしたくなる

新しい事にチャレンジするというのは、それだけで楽しい気分になり、脳にもいい刺激になる。

でも、普段やり慣れていない事をするって結構エネルギーが要ります。

 

ネガティブ気分な時って普段行っている家事や勉強ですらやる気が出ません。新しい事にチャレンジするなんて余計にできなくなってしまいます。

 

かといって同じことの繰り返しばかりだと脳も飽きてきて、日常がつまらなく感じてしまう。

脳というのは難しいですね(笑)

 

ゼロ秒思考を続ければ、脳に余裕がある状態。つまり精神的にも余裕がある状態ですから、落ち込みにくくなり気分は明るくなります。

すると新しい事にチャレンジするハードルが低く感じて、むしろ自然とやりたくなってきます。

 

それは最初は小さなことかもしれません。

家で出来る筋トレを始めたとか。

社会人になってから勉強の習慣なんて無かったけど読書を始めたとか。

 

小さなことから始めたとしても、時間が積もる程大きな蓄積になります。

それに小さな事でも続けられるんだと実感すると自分に自信がついて来て、

「次はもう少し大きな事にチャレンジするか!」ってなります。

 

 

終わりに

始めた当初は自分のメンタルの変化に気付きにくいと思いますが、数か月後くらいにふと思い返すと、以前の自分とは大分違っていると思います。

 

そういった変化、成長を実感できるのが、ゼロ秒思考トレーニングなどの脳に良い習慣です。

僕が他に実践しているのは瞑想、筋トレ、音読などが主になります。

 

始めた当初は

「おお、何だかちょっと気分がいいな」くらいに感じると思います。

圧倒的な変化は感じませんが、気分転換には効果的だと実感できるのでそのまま続けてみる。

 

そして習慣になってからは特に意識する事なく、一日の内のスケジュールに組み込まれるようになっていって、

2週間ぐらいたったら既に効果は実感できるかと。

2週間前の自分と比べてみて、明らかに変わった自分がいますから。

 

 

スポンサーリンク


オンライン学習講座プラットフォーム『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/