推理クイズゲームの問題が好きな方へ。会話劇で水平思考クイズを作りました。

握手

始めに

こんにちは。推理小説をちょくちょく読むアラカワです。

がっつりハマってるって感じじゃないんですけど、一定の定期で読みます。

もうちょっと読書量を増やしたいとは思っているので、面白そうなのを探して読んでみようと思います。

一番最近では、「怪人二十面相」を読み終えました。

僕はよく電子書籍のkindleで読書をすることがあるのですが、怪人二十面相などのちょっとまえの有名な小説とかはkindleだと無料で読めるものが結構あります。

なので興味がわけばkindle使ってみてくださいね。

 

そんな、ちょっと推理小説にハマっている僕がおススメするのが水平思考クイズ。

ウミガメのスープなどで有名な問題ですね。

 

今回もそんな水平思考クイズを会話劇で作ってみたので、登場人物と一緒に考えてみてくださいね。

クイズだけでなく登場人物同士の雑談なども楽しんでもらえれば。

 

登場人物紹介

『遥(はるか)』  大学のミステリー同好会に所属している。基本的に気分屋な人間性だが、自分の興味を持つものに関しては並外れた集中力を発揮する。

『尊(たける)』 遥と同じミステリー同好会に所属している。努力タイプでわからないことがあると徹底的に調べつくす。でも少し頭でっかちになりやすく、要領のいい遥に尻にひかれている感がある。

 

これまでの推理クイズシリーズ一覧はこちらから

 

みんなから祝福される愛?

いつも通り大学の授業が終わったあと、同好会の部屋に来る二人。

さて、今日も水平思考クイズやりましょうか

 

遥はカバンを置いて席に着くと、一息つく間もなくそう言った。

 

いや、速すぎるって、切り替えが。ちょっとはお茶でも飲んでゆっくりしようぜ

 

仕方ないわね。それじゃあ、紅茶を入れてくれるかしら?

 

そう言われて尊は部屋にあるティーポットにお湯を入れる。

 

そういえば、このティーセットと紅茶を作るセットとかはどうしたんだ?お前が持ってきたのか?

 

ええっと確かそれは、お金持ちの人の別荘で起きた連続殺人事件を解決した際にもらったお礼の

 

すまん、俺から聞いておいてなんだが、その話はそこまででいい

 

あなた、そこまで怯えなくてもいいんじゃない?そんなに命の危険があったわけではなかったし。あくまで身内同士のいざこざが原因の事件だったから

 

この平和な日本で命の危機を少しでも考えるような状況にあるだけで、それは十分と異常なんだよ

 

だから、そこまで危ない事件なら、私も直接かかわったりせずに、距離を置いて事件解決に臨むわ

 

どんな形であろうと、危険なことに臨もうとするお前の精神が一番異常って気づいてるか?

 

わかったわよ。もしそういう危ないことに手を出すときは、今度はきちんとあなたを誘うから

 

それはわかってるって言っていいのだろうか。

まあ、お前が一人で突っ走るよりは誘ってくれた方がいいな。囮ぐらいにはなれるから。

でも一番の願いとしては、お前に平和な日常の中で楽しめるものを見つけてほしいと思うよ、俺は

 

そういうことなら、さっそく今日も水平思考クイズをやっていこうかしら?そして私を平和な遊びで楽しませてくれれば、スリル目的で危ないことに手を出さないかもしれないわよ

 

そうか、最終的にこういうところに落ち着くのか。

じゃあ今日はどっちが問題を出す側だ?一応おれも問題は考えてきてるから、出題はできるぜ

 

今回は私から出題してあげましょう

 

了解だ。今回の問題の難易度はどれくらいだ?

 

正直な事を言うと問題の難易度って自分では分からないのよね。まあ適当にわかったら解いてよ

 

確かに自分で問題を考えるのと、その問題を解くのって感覚は大分違うから、本人でも難易度とかはわからないもんかもな

 

ということで、さっそく問題です。デデン♪

 

運命ともいえる出会いを果たした男女。亀男君と亀子ちゃん。

様々な問題や障害が二人を襲ったが、二人の絆はより一層強まっていく。

そしてある日、亀男君のほうから亀子ちゃんへ愛の告白をする。

その告白を涙を流しながら了承する亀子ちゃん。

そんな亀子ちゃんを亀男君は強く抱きしめた。

あつい抱擁が終わり、亀男君が亀子ちゃんを離す。

すると、周りにいた人たちが彼らに拍手を送った。

それだけでなく、二人に握手を求める人。中には亀男君や亀子ちゃんにハグをする人も出てきた。

さて、どういう状況ですか?

 

今回はお前も問題文長めだな?

 

うん、作ってる途中に楽しくなっちゃって。これで以前のあなたのことを馬鹿にできなくなっちゃたわね

 

文章を考えるときとかの、頭を使う時って楽しいからな。

じゃあ質問していくぜ。

二人がいるのは屋外か?

 

ええ、二人がいるのは屋外よ。

よるの街中っていうのが私の中の設定だけど、細かいところは別にいいわ

 

そうか。じゃあ握手を求めてきたりした人は二人の全然知らない人か?

 

いいえ、二人のことを知っている人たちよ。

それと重要な質問です

 

ええ、余計にわからんのだが。じゃあ二人はあえてみんなの前で抱き合ったりしたのか?

 

また良い質問ね。

そう、みんながいる中で抱き合ったりしないといけなかったわ

 

二人は見せたがりの変態なのか?

 

いいえ、違うわ。あなたと違って真人間よ

 

その言い方だと俺が変態みたいなんだが。

周りの人は二人の友達か?

 

いいえ、友達ではないわね

 

じゃあなんなんだよ、そいつらは。

ええっと、その周りの人たちはどちらかの仕事関係の人ですか?

 

そうです、仕事関係の人たちです。しかも二人共同じ職業で、共通の仕事関係の人です

 

情報がいくつか出てきてるのに、わからない。

もしかして結婚式で二人が抱擁した後に起こった出来事とか?

 

確かにそれも答えにはなりそうだけど、私の考えている答えとは違うわ。それに結婚式なら周りの人たちには友達がいてもおかしくないわよね

 

周りにいるのは友達じゃなく、仕事関係の人だけか。

じゃあ亀男君と亀子ちゃんの仕事の内容の特定は重要ですか?

 

重要ね。というか、それが分かったら答えのようなものよ

 

そうは言われても分らんから、まずは他のところを詰めていったほうがいいな。

二人にあった様々な問題や障害っていうのは命の危機に関わることか?

 

私の考えている中では、命の危機に関わる障害を乗り越えた二人って感じね

 

周りの人たちはドッキリか何かで二人に握手をしたり抱擁したりしたのか?

ほらフラッシュモブみたいなやつ

 

いいえ、ドッキリなどではないわ。それに亀男君が用意したサプライズとかでもないわね

 

亀男君や亀子ちゃんは事前に周りがそんな行動を取ることを把握していたのか?

 

事前に把握してたって訳じゃないでしょうけど、まああってもおかしくないぐらいには思っていたんじゃない?

 

どういう状況だ、本当に。

じゃあ周りの人は二人の愛を心から喜んでいて、そういう行動をとりましたか?

 

二人の愛を喜んで、というよりかは二人の抱擁が無事に終わってから、彼らは二人に祝福をしました

 

やばい、今回まったくわからん。

二人は心から愛しあってるってことでいいんだよな?

 

いえ、どうでしょうね。今は相思相愛のふりをしてるって感じかしら

 

はあ?!それじゃ問題がおかしいことにならないか?

 

答えを聞いたら納得できるから、もうちょっと頑張ってみなさい

 

お前が、そう言うなら・・・。

相思相愛のふりっていうのは、二人は騙しあい、化かしあいをしている最中なのか?

 

いいえ、そんなスパイ映画みたいな状況じゃないわ。

二人ともお互いが相手を好きなふりをしてるって理解してるわ

 

周りの人たちは二人が本当はお互いに好きなふりをしてるって知ってるのか?

 

はい、周りの全員知っています

 

それなのに祝ってくれたのか?

 

はい。というか二人の好きなふりが上手だから、なおさら周りは祝福してくれたって感じね

 

好きなふりが上手・・・。騙しているわけでもない・・・。

もしかして二人の職業っていうのは俳優さんと女優さんか?

 

そうです、二人は演技していたのです。

じゃあ答えをまとめてくれるかしら?もう分かったでしょ

 

二人の運命的な出会いっていうのもドラマの脚本のなかでのことで、愛の告白や抱擁はエンディングの部分。

無事にエンディングを取り終えて、周りにいるスタッフの人たちは撮影終了の祝福として拍手を送ったり握手をしたりしましたか?

 

はい、正解です。

そうよ、これは映画の撮影現場での出来事だったってこと。

解いてもらえないかと思ったけど、無事に解いてくれてよかったわ。なんとなく解いてもらえない問題っていうのは寂しいもの

 

でも、ドラマの撮影終了で拍手をしたりはわかるけど、ハグとかはやりすぎじゃないか?

 

そこで、二人に襲った問題が関係してくるのよ。

二人に襲った問題っていうのは脚本の中の出来事だけってことじゃなく、撮影段階での出来事でもあるってこと。

冒険的な内容の脚本通りに撮影するために、体を張った演技や危険な高所などでの撮影などの命の危険に関わることが二人を襲った。

でもそれらを無事に乗り越えて、何事もなく撮影が終了したことへの祝福のハグってこと。

 

そうか、そこで問題文に書いてある問題や障害の部分が出てくるわけか。

なるほど、よく考えてるな

 

いやあ、楽しいわね、問題を考えている時や今こうやって質問をもらっている時にも、次のアイデアが出てきて、脳が活性化してる感じがするわ。うん。

 

まあギリギリだったが解くことができてよかったよ。それにお前も楽しんでくれたようだし

 

でもやっぱり、実際の事件の謎を解いたときの方が、脳が活性化してるっていうか、脳内物質ドバドバって感じで気持ちいいわね

 

・・・その様子だと、まだまだお前が楽しめる日常を用意できてないみたいだな。

まあ俺なりに出来ることをやるだけなんだけど

 

うむ、精進したまえ

 

お前が腰を据えてくれたら済む話なんだけどな

 

尊はため息を漏らしながらも、いつもどおり楽しそうに笑っている遥を見て、彼も少し微笑むのだった。

 

これまでの推理クイズシリーズ一覧はこちらから

 

スポンサーリンク


オンライン学習講座プラットフォーム『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/