おすすめサービス

知っておけば買い物時に節約につながる行動心理学!テンション・リダクション効果を学ぶんだ!

ショッピングモール

始めに

ショッピングの時、特に普段しない買い物の時などに、本命の商品以外にもつい色々と買ってしまうことはありませんか?

車の購入を決めた後に、そこまでほしくなくてもカーナビなどのオプションを加えてしまったり。

またネットショッピングなどで、何か本などを買ったときに、関連作品をついでに買ってしまったりとか。

そんなつい買ってしまう衝動はあなただけのものではなく、人間の行動心理に関係しているかもしれません。

テンション・リダクション効果と言われている心理現象で、その効果の高さから様々なビジネス場面で利用されています。

とても面白い心理現象なのですが、できるだけ余計な出費を抑えたい人にとっては知っておいてほしいものですので紹介していこうと思います。

 

テンション・リダクション効果とは?

簡単に日本語訳をしてしまうと、緊張・縮小効果っていう感じでしょうか。

人間が何かしらの緊張感から解放されたときに起きる心理現象のことで、解放された瞬間には精神的に隙が生まれやすくなってしまう、といった効果になります。

 

学校の遠足の帰り時などに引率の先生が生徒に「家に帰るまでが遠足だぞ」と注意喚起してくれました。

まあこれは今までの経験則や決まり文句としていっただけかもしれませんが、確かに緊張している何かを終えた後は気が緩んでしまいます。

「勝って兜の緒を締めよ」ということわざもありますし、人間の、というか動物の本能的な部分により起こる心理なのかもしれません。

 

買い物終えの女性

様々なビジネスで利用されているテンション・リダクション効果

その人の経済状況や価値観などにもよるのですが、普段しないような値段の買い物。それに値段が高くなるにつれて人は「これだけお金を払っておいて失敗したくない」といった緊張状態になります。

 

そんな心理状況の時には、アパレル店などで店員さんに服を勧められても買わない場合が多いでしょう。

ですが自分の本命の商品で満足するものを見つけることができた場合、これまでの緊張感から解放されます。

そんな時に店員さんがアクセサリや小物類などをお勧めします。この時には元々買う予定のなかったものでも「まあこれくらいいいか」と思い、購入に至る確率が高いようです。

 

また車などの高額の商品の場合でも同じです。

高額の方が緊張してしまう分、ある程度値段の高めのおまけなども買ってしまうかもしれません。

車の購入決定後などにオプションの購入もすすめてくれます。その時お客さんは「オプションがないことによって、今回の買い物が失敗するのは嫌だ」といった考えになり、購入しやすくなるでしょう。

 

自分で判断するのが大事!

実際には店員さんがおススメしてくれる関連商品が良いものの場合もあるでしょう。

それを見逃してしまうのはやっぱり惜しいですよね。高めの買い物なら尚更です。

なので店員さんがおすすめするのを絶対断るといった姿勢よりも、必要かどうか自分で判断しようとするのが大事になってくると思います。

自分の責任で判断を下すようにしていけば、そのうち目利きというか、判断力もついてくることでしょう。

 

終わりに

ブログ運営のために行動心理学を調べだしたのですが、今回紹介した「テンション・リダクション効果」は今のところは使える場面がなさそうです。

まあ、自分が何かを買う時に無駄遣いしすぎないように気を付けよう!と勉強できたのはメリットでした。

 

皆さんの買い物時、またはビジネスをする側としてもこの記事が少しでも役に立てば幸いです。



今の場所から一歩先に進むために。ビジネス、語学、プログラミング、デザイン、マーケティングetc...多彩なジャンルの教材がたくさん!

オンライン&動画学習で新しいスキルを身に着けて、周りのライバルと差をつける!

オンライン学習講座サービス『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/

管理人のツイッター



[広告]手厚いカスタマーサポート。高品質の取引ツール。各種手数料無料のDMM FX!
[広告]楽天カードを新規入会+利用で5000ポイントをゲット!年会費だって永年無料!

ランダム記事!
はしゃぐ若者たち