スポンサーリンク

面白いPaypalの仕組み!よくできてる決済方法について調べてみた!

コインとお札

始めに

もう本当に今更なのですが、Paypalという決済方法についての記事を書こうと思います。

一応前から知ってはいたのですが、今回もう一度詳しく調べてみたので、それをまとめていこうと思います。

 

Paypal社はいくつかの会社が合併してできた会社なのですが、そのうちの一つの会社はTeslaやスペースXの創業者のイーロン・マスクさんの経営していた会社です。

いやあ彼は凄いですね。決済システムに宇宙に電気自動車。ソーラーシティを作ったり、洞窟を掘ったり。

もちろん失敗や努力をいっぱいして得た成功でしょうが、やっぱり天才っていう感じですよね。超クールです。

 

話がずれましたが以下本題です(笑)

 

Paypal

Paypalとは

PaypalはECサイトなどで使えるクレジットカード代替になる、オンライン決済サービスです。

 

アマゾンやEbayなどの大手ECサイトなどには、ある程度安心してクレジットカード情報を登録できますよね。

でも個人や小さめのECサイト。そこでしか手に入らない商品などがある。でもよくわからない人や企業にクレジットカード情報を登録するのは不安。

また安心できるサイトでも、たくさんのサイトにクレジットカード情報を登録すればするほど危険は増えてしまいます。

セキュリティに絶対はありません。

そんな時にリスクを減らすために使えるのがPaypalです。

 

Paypalにクレジットカード情報を登録し、ECサイトではPaypalのアカウントを使うことによって、支払いを行います。

 

欲しい商品をECサイトで見つける。

Paypalにお金を送る。

そしてPaypalからECサイトにお金を送る。

 

という流れでECサイトと購入者の間にPaypalが入ることによって、色々なサイトでクレジットカード情報を登録する必要がなくなります。

もちろんPaypalのセキュリティが重要になってきますが、変なサイトに登録したりするよりはましでしょう。

 

買い物かご

一般ユーザーに関しての仕組み

まず先にいくつか一般ユーザー(購入者)に関してのPaypalの仕組みを紹介していこうと思います。

ほとんどの人に関係するのはこれらですね。

買い手保護制度

Paypalには購入者を保護する制度があります。

「説明されていた内容と違う商品が届いた」「そもそも商品が届かなかった」

そんな場合にはPaypalに問い合わせをし、取引内容に問題があった場合などをPaypalが判断した場合は、商品の金額返金などの保護をしてくれるという制度です。

 

こういう制度が最初からあったのか後からできたのかはわかりませんが、この保護制度のおかげでたくさんのユーザーを獲得できたのでしょう。

 

ただ便利そうだったり、新しくてクールな技術だとしても、お金にかかわるサービスですので慎重になるユーザーも多いでしょう。

そんなユーザーたちの心理を把握して、うまく安心材料をあたえてくれていますね。

 

一般ユーザーの手数料など無料

一般ユーザー。普通にECサイトなどでPaypalを利用する料金などは無料です。

アカウント作成費。年間費。利用時の手数料。

どれもが無料です。

 

種類にはよるのですが、クレジットカードなどは基本的に何かしらの料金が発生しますが、Paypalを買い物などで使う人は料金は無料です。

 

じゃあどうやって採算をとっているのか。

これはPaypalの収益はビジネス利用者、つまり販売者の人が手数料を払っているからです。

後でビジネス利用者の手数料に関してなどを紹介します。

 

お店

ビジネスユーザー(販売者)に関しての仕組み

今までは一般ユーザー(購入者)に関係するPaypalの仕組みを紹介してきましたが、これからビジネスユーザー(販売者)に関しての仕組みを紹介していきます。

Paypalの革新的な部分というか、面白い部分というか、よくできている部分はどちらかというとビジネス利用を考える人にメリットが大きいかもしれません。

 

クレジットカード決済に比べ、安価な手数料

サービスにより違うのですが、クレジットカードを導入した場合の料金に比べ、Paypal導入による料金の方が安い場合が多いです。

取引時の手数料も安いのですが、アカウント開設自体にはお金がかからないのも導入の壁を低くしています。高い初期費用が掛からないのは大きいメリットですね。

Paypalのビジネス利用に関しての料金などについてはPaypalの公式サイトをご覧ください。

 

個人でのビジネス利用も可能

これも革新的な部分だと思います。

もし個人でクレジットカードなどの決済を導入したいと思っても、それらの審査は厳しく、審査に通るのは難しい場合がほとんどでしょう。

まあお金に関係していますし、変な業者にクレジットカード決済を許可してしまうと、悪用されたりして決済会社自体の信用にもかかってきますし仕方はありませんね。

 

でもこれらの導入の障壁は、信頼の薄いスタートアップなどにとっても痛手だったでしょう。

導入に時間と費用が掛かるのは、出来たばかりの会社にとっては死活問題です。

そこで現れたのがPaypalです。

 

Paypalのアカウントは個人でも取得可能ですので、これも革新的な部分ですね。

スタートアップが受けた恩恵なども大きいでしょう。

 

ではPaypalの信用は低いのかというと、そうではありません。

 

クレジットカードなどの決済会社は最初に厳しめの審査を行うことで信用を高めます。

そしてPaypalは最初の審査は低くても、その後継続して監視し続けます。そして悪意のある取引などを見つけた時に、そのビジネスアカウントを停止させることによって、信用度を高めます。

 

クレジットカード番号などの情報を管理しなくていい

クレジットカード決済などを導入する場合、自分でクレジットカード番号などを管理しなければなりません。

これって結構、精神的にも、金銭的にもしんどいですよね。

 

お客さんのお金に関する重要な情報ですし、情報を守るためにはセキュリティを高めないといけません。

セキュリティ向上、維持にはとてもお金がかかります。

 

でもPaypalを利用すれば、クレジットカード情報を自分で持たずに済むので、個人や中小企業にとっては大きなメリットです。

 

終わりに

他にも口座への入金が速いなど、様々なメリットがあるようです。

詳しくはPaypalの公式サイトや、検索してみてくださいね。

 

購入者には、様々なサイトにクレジットカード情報を登録しないで済む。

販売者には、導入の壁が低く、手数料も安い。

 

こういうWEBサービスに限らないのですが、こういうよくできている仕組み。様々な人に利用されるための工夫やアイデアなどを知ると、感動してしまいます。

 

これからもこういう面白い仕組みのサービスなどを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク



今の場所から一歩先に進むために。ビジネス、語学、プログラミング、デザイン、マーケティングetc...多彩なジャンルの教材がたくさん!

オンライン&動画学習で新しいスキルを身に着けて、周りのライバルと差をつける!

オンライン学習講座サービス『Udemy』で勉強を始めてみた!


フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/

アラカワのツイッター




[広告]手厚いカスタマーサポート。高品質の取引ツール。各種手数料無料のDMM FX!
[広告]楽天カードを新規入会+利用で5000ポイントをゲット!年会費だって永年無料!
[広告]コメントでもっと面白くなる!日本最大級の動画サービス!