楽しい人生を送るにはホラー映画で刺激を。パラノーマル・アクティビティの感想。

はじめに

パラノーマルアクティビティをレンタルで見たのでその感想を書いていきます。

ユーチューブでレンタルしたんですが、いやあ、便利ですね(笑)

わざわざ外出せずとも映画がレンタルで見れるんですから。

 

日本のホラー映画と驚かし方というか、怖さの種類は違うかもしれませんが、最終的には面白かったので満足です。

適度な恐怖という刺激をもらえました。

 

毎日同じことの繰り返しだと脳が飽きてきて、日常がつまらなく感じてしまう。

それを防ぐためには色んな事にチャレンジしていく必要があります。

 

でも、いつも休みの日に外出して刺激を求めに行くというのは出不精な僕としては難しい所。

そういう時にはホラー映画をレンタルで見るっていうのは比較的気軽にできます。

 

それに恐怖心っていうのは一番手っ取り早い刺激だと思っています。

他にも怖い思いをするなら色々とあるかもしれませんが、まあ、出来るだけ安全な刺激がいいですからね(笑)

 

それではパラノーマルアクティビティの感想を書いていこうと思います。

ここからはネタバレもになるかもしれないので、それでもOKという方だけ読んでいってくださいな。

 

 

 

あらすじ

主人公は同棲中のカップルの二人。

一人はデイトレードで生計を立てている彼氏のミカ。

そして英語の先生になるために勉強中の学生の彼女のケイティ。

 

ケイティは子供のころから自分の周りで起こる怪奇現象に悩まされていた。

 

それを知ったミカは高性能なビデオカメラを購入して、もしそれが本当なら怪奇現象を撮影しようと試みる。

だがそれが正体不明の反感を買ったのだろうか、怪奇現象は今までよりも深刻になっていく・・・。

 

というのが今回のあらすじ。

これからどうなるのかについてはレンタルして見てくださいな。

 

 

ホームビデオっぽい感じのアングル

一番良かった部分なのですが、映画全体がずっとホームビデオの映像のようなアングルになっているところ。

 

普通のホラー映画だとアングルがその場面により頻繁に変わったりします。

例えば登場人物のアップの顔や、振り向いた瞬間にお化けが出てくるアップなど。

そして第三者視点のアングルなど。

 

でもパラノーマル・アクティビティではずっと登場人物がカメラを動かして撮っているアングルになっています。

それかカメラを部屋の定位置に設置して、それからの経過を撮影する。例えば夜ベッドで寝ているところとかを。

 

おそらくこれは演出的な意味もあるかもしれないですが、予算的な問題もあったのでしょう。

この映画自体が百数十万円の低予算で制作されているようで、それが大ヒットしたのだから凄いですよね。

出来るだけ低予算で制作しながらも、しっかりと面白く作るにはどうすればいいか。それをしっかりと考えた結果がこのテイストになったのかもしれません。

 

 

個人的にはグロいシーンとかが無かったので、ゆったりと見れた気がしました。

ホラー映画をゆったり見るっておかしい気がしますが・・・。

 

その分怖い場面というか、「うわっ」ってビビった場面は何回かくらいしかありませんでした。

そこが少し残念なところだったかもしれません。

映画の予告版とかを見ていると、観客の人がめちゃくちゃビビっていた映像だったので期待しすぎていたのかも。

 

でも先程も紹介したように、終始ホームビデオのような映像で送られていて、それが見ているだけでも楽しかった部分です。

段々と不気味な現象が起きてくるので、最初はボーっと見ていましたが、だんだんとドキドキしながら楽しめました。

 

今度はホラー関係なく、ホームビデオっぽい映画を探してみようかなと思うくらいに気に入りました。

 

 

終わりに

今度はホームビデオっぽい映画と、それからめちゃくちゃ怖いと噂の映画を調べてレンタルで見てみようかなと思います。

 

良く考えるとパラノーマル・アクティビティも映画館で見ていたらもっと怖かったのかもしれません。

 

まあ、家で昼間に電気を消して見たらあんまり怖くは無かったですが、なんとなく面白かったので満足しております。

 

ユーチューブのレンタル機能結構便利なので、皆さん良ければ使ってくだせえ。

 

じゃあ、今回はこれまで。



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/