勉強や仕事でやる気を出すためには昼寝や瞑想を活用するんだ!

女の子の寝顔

初めに

勉強や仕事ってやる気が出ない時は本当に駄目ですよね。

会社での仕事や予備校での勉強なら周りの目もありますから、やる気が無くても最低限の作業はこなせるとは思うのですが、効率自体は下がるでしょう。

それに家での勉強や仕事となると余計にです。

 

自分の後押しをしてくれるのは自分しかいない状況で、それでもどうしてもやる気が出ない。

 

僕の場合を例にすると、特にこのブログの記事の執筆ですね。

僕はまず何となくどんな記事を書くか決めてから、それから検索されそうなタイトルを調べます。

そしてそれから記事の内容を調べて書いていく。

 

それでやる気が出ない時って言うのは、最初のアイデア出しとタイトル決めの段階で躓いてしまうんですよね。

タイトルさえ決まれば記事の文章自体は割とどんどん書いていけるのですが、その前の段階が重要。

 

やる気が出ない時と言うのは、いいアイデアなんてほとんど思い浮かびません。

そのまま頑張ってパソコンに向かい合いながら、色々なニュース記事やブログ記事を読んでインプットし、アイデアを出そうとするのですが、思い浮かばない時は本当に思い浮かびません。

そうしてネタ探しに1時間ぐらい使ってしまうと、もうやる気はゼロに。

 

そんな時におすすめなのが短時間の昼寝と瞑想です。

どちらか好きな方をやってもらえれば、十分な効果が出ると思います。

もちろん両方とも使い分ける事が出来たら、より発想力が鍛えられるのでおすすめ。

 

今回はそんな二つの方法について書いていこうと思います。

 

 

ソファで寝ている猫

短時間の昼寝でメンタルを回復

人間の集中力は一日中は持ちません。

いや、持つ人もいるかもしれませんが僕は無理。

 

一見すると日中ずっと活発に活動されている人でも、合間合間にちょっとした休憩を取っている人の方が多いでしょう。

 

「理想的な昼寝」を科学する

上記の記事では昼寝をする事の有用性を紹介されています。

昼寝を取り入れる事によって、創造力・記憶力・学習効果などを高めるそうです。

 

そして昼食後というのは誰でも眠たくなりますよね。

それは消化にエネルギーが割かれて脳の血流が減るからだとか、副交感神経が優位になるからとか理由はあるようです。

特に普段から睡眠不足の人には強烈な眠気が。

そんな眠気を昼寝で軽減させることによって、やる気や作業効率がぐんと上がります。

 

短い時間の睡眠でも記憶の整理は行われるので、それによって何かアイデアが思いつくこともあるでしょう。

 

僕の場合は、どうしてもブログ記事を書くやる気が出ない時や、一応パソコンには向かっているけど全然アイデアが出てこない時は昼寝を活用しています。

少し寝てからだと、午前中にたまっていた疲れが取れたためなのか、自然とモチベーションも上がっていき、アイデアも出てきやすくなりました。

 

いつもブログ記事のネタを探すのは苦労しているのですが、昼寝後に一つのアイデアが思いつきました。

それは一つの記事のネタに関してだけでなく、こういった方向性で記事を書いていこうというひらめきでした。

具体的に説明すると「ネットなどで良いと言われている習慣を自分で実践してみて、それについて記事を書く」というものです。

 

これならやろうと思えばいくつでも記事のネタは作れそうですし、それに良い習慣をいくつも身に着けていければ今よりも成長出来て、一石二鳥です。

自分の興味の無いネタは書いていても辛いのですが、自分が好きなジャンルや体験談を書いていくと文章がスラスラと出てきて書きやすい印象があります。

 

その発見が出来たのが昼寝後の事だったので、その体験もあってお昼寝は個人的におすすめです。

 

いくつかポイントはあるのですが、特に守ってほしいのは

  • 昼寝の時間は20分ぐらいにして目覚ましをセットする
  • 夕方ごろに寝てしまうと夜に寝付けないから注意が必要

というところでしょうか。

 

特にまずいのが夕方ごろに1時間ぐらい寝てしまう事。これやると本当に夜に眠れずに辛い思いをするので気を付けてください。

僕が自分で失敗して実感したので(笑)

 

 

修行をするお坊さん

瞑想も気分転換には効果大なツール

朝や夕方以降には昼寝で気分転換と言うのは難しい。

その代わりに瞑想もモチベーションアップに有効な習慣です。

 

瞑想も記憶の整理を行うので、ネガティブな感情を取り除き、頭の中の余計なデータを処理できます。

軽めの眠気なら瞑想をやることでも飛ばす事ができるので、昼寝の代わりに瞑想というのも全然ありだと思います。

 

むしろ瞑想のコツを掴めば昼寝以上に効果を感じることも可能でしょう。

 

僕も一年以上前から少しずつ行っているのですが、最近になってようやくコツを掴めたかな、くらいのレベルです。

それに加えて昼寝はただ寝るだけなのでいいのですが、瞑想はその時の体調や気分によってもあるていど左右されるため、集中できない時はできないです。

 

 

もし瞑想を上手に出来なかったとしても気にする必要はありません。何故なら、やればやるだけ効果は絶対にありますから。

段々とコツを掴めるでしょうし、目を瞑るだけでも脳は休まるそうです。

 

瞑想に関しては、僕はその入り口にすら立っていなさそうではあるので、コツコツとやっていこうと思います。

ここで僕の瞑想の感覚を説明してしまうとそれが変な先入観になって邪魔してしまうかもしれないので書くのはやめておきます。

 

悩めるすべての人に贈る「瞑想」のススメ

取りあえずは上記のページを読んでもらって実践してもらい、

少しでも効果を感じてもらえればと思います。

それでもっと興味が湧けば書籍なども買ってもらったらいいのではと。

 

 

終わりに

どちらも上手く使う事が出来れば、人生全体に対してもすごいツールになると思います。

ぜひやる気が出なかったり、頭がモヤモヤしている時とかに実践してもらえればと。

実践後には普段と少し違った考えや景色が見えるかもしれません。

 

じゃあ、今回はこのくらいで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


オンライン学習講座プラットフォーム『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/