スポンサーリンク

生ハムのおいしい理由について調べてみた!

レストラン店内

始めに

最初に生ハムの味を知ったのは確か、子供のころに親に連れられて行ったレストランでした。

テーブルに現れた生ハムの美しさに目を奪われ、そして口に運んでいくと、とけてしまうような触感。

僕は生ハムの魅力を知ってしまいました。

 

でも生ハムってたくさんは食べれないんですよね。

塩分も多いし、単純にお値段も高い。

 

でも、たくさん食べられない贅沢感さえ、生ハムの魅力の一つなのかもしれません。

そしてその時決めたのです。お金持ちになって、最高の生ハムを食べてみせると。

 

そんな感じで、生ハムについていろいろと調べてみたので、生ハムのおいしさの理由などを会話劇ベースで紹介していこうと思います。

登場人物紹介

『遥(はるか)』  大学のミステリー同好会に所属している。基本的に気分屋な人間性だが、自分の興味を持つものに関しては並外れた集中力を発揮する。

『尊(たける)』 遥と同じミステリー同好会に所属している。努力タイプでわからないことがあると徹底的に調べつくす。でも少し頭でっかちになりやすく、要領のいい遥に尻にひかれている感がある。

これまでの会話劇シリーズ一覧はこちらから

 生ハムはおいしい

遥と尊はいつもどおりサークルの部屋で読書にふける。

遥はふと尊の方を見ると、彼の読んでいる本に目を奪われた。

 

あなた、すごい本読んでるわね

 

うん?ああ、この「生ハムの魅力。生ハムのすべてをあなたに」のことか

 

読者層を狙いすましすぎじゃない?買う人いるの、それ?

 

10万部ぐらい売れてるらしい

 

まじか。。。面白いの?

 

おもしろいぜ。もともと俺ってグルメ好きでさ。最近行った店で食べた生ハムがうまくてな。なんだ、興味あるのか?

 

まあ、それなりに。おいしいもんね、私、塩辛いのとか好きだから

 

そうなんだよ。成人したら、絶対にお酒のつまみで食べたいぜ。

あの生ハムの旨みなんだが、長期間の熟成中にたんぱく質が分解されてアミノ酸になり、それによってうまみ成分のグルタミン酸が増加する。

それであの舌にいれた瞬間に、とてつもない旨みが口の中に広がるって訳だ。

生ハムの歴史は農耕時代に家畜を調理した時に、長期間の保存を目的に始まったと言われている。

塩漬けや乾燥、燻製をすることによって菌の繁殖を防ぎ、保存期間を長くすることができる

 

ああ、しまった。彼がオタク気質なのを忘れてたわ。語りだすと長いのよね。どうしようかしら

 

今の時代は冷蔵庫があるから、長期保存っていう意味合いは薄くなってはいるんだがな。

だから今では、塩漬けや乾燥による旨みの増加や、燻製による風味付けの意味合いが大きいんだ。

また生ハムといっても色々と種類があって、燻製をするかしないか、どの豚を使うか、どの塩を使うか。

作られた場所の気候とかによっても味が全然変わってくるんだ。

生ハムの種類についての面白いページを見つけたからここを見てくれ

 

別にそこまで詳しい知識はいいわよ。お腹に入れば一緒なんだから。・・・この考えも女子としてどうなのかしら・・・

 

世界三大生ハムって呼ばれているのもあるんだぜ。

イタリア産の「プロシュート」、スペイン産のハモン・セラーノ、中国産の金華ハム

やわらかめでマイルドな味わいのプロシュート

固めで濃厚なコクのハモン・セラーノ

他の二つよりも塩気と旨みが強いため、味のダシとして利用される金華ハム

そんな感じで、それぞれに特徴があるんだ。

 

熱くなってる間に帰ろうかしら。いや、それよりもその熱意を利用させてもらった方が・・・

 

他にもな、って、俺の話ちゃんと聞いてるか?

 

もちろん聞いてるわよ。でもあなたの話を聞いてたら、お腹がすいてきちゃってね

 

そうかそうか。そういうことなら俺のおすすめのレストラン紹介してやるよ。そこの生ハムめっちゃ上手いぜ。ほかの料理もおいしいし、店の雰囲気もおしゃれだしさ

 

でも最近、お財布事情がさ。あー、あなたがおススメする生ハムはぜひ食べたかったのになー

 

ふっ、そこまで言うなら仕方ないな。俺も余裕があるわけじゃないが奢ってやるよ

 

えっ、ほんとに?あなた物知りのうえに、器もでかいし、素敵ね

 

お、おい、やめろよ。褒めてもごはん奢るぐらいしかできないぞ

 

計画通り[二ヤリ]ちょろ過ぎ♪もう少し話を聞いてあげてから、それからお店に行こうかしら

 

ところでさ、前に家で生ハムメロンってやつ食べたんだけど、ちょっと微妙じゃないかしら。というか合わせる意味あるの?

 

そうだな、日本で流通している生ハムだと味も薄いから合わないのかもしれないな。日本のメロンの甘みも濃い方らしい。

昔のイタリアのメロンとかは甘みも少なくて、青臭かったらしい。その匂いを緩和するために生ハムと一緒に食べたんだとか。

本場の生ハムは日本のより味が濃い場合が多いから、塩気を和らげるという意味もあるって。

あと栄養面でも、メロンにはカリウムが含まれているから、生ハムで塩分のナトリウムを取りすぎても、一緒に体の外に出ていくって効果もあるみたいだな

 

そ、そう。そろそろホントにお腹がすいてきたからお店に行かないかしら?

 

そうだな、夕飯の時間にもちょうどいいし。

 

ほっ。やっと解放されるわ

 

そのレストラン、他のもうまいものが一杯あるから説明しながら紹介してやるよ。ほら、速く行こうぜ

 

まだ続く、だと・・・。彼のオタク気質をなめてたわね。

 

いやあ、お前が興味持ってくれて嬉しかったぜ。こういう話をできる友達とかいないからさ。話したいこととかいっぱいあるんだ。

 

そ、そうなの。それはよかったわ

 

おかしい。いつもなら私が振り回す方なのに、今日は振り回されてばっかだわ

 

じゃあレストランまでレッツゴー!

 

テンション高!

 

その後、店についた後も彼のグルメ紹介は続いた。

遥の方は途中から話半分で聞いていて、生ハムをはじめ、出される料理を楽しんだ。

尊の方もグルメな話もできたし、おいしいものも食べれたしで、満足したそうだ。

 

これまでの会話劇シリーズ一覧はこちらから

スポンサーリンク



今の場所から一歩先に進むために。ビジネス、語学、プログラミング、デザイン、マーケティングetc...多彩なジャンルの教材がたくさん!

オンライン&動画学習で新しいスキルを身に着けて、周りのライバルと差をつける!

オンライン学習講座サービス『Udemy』で勉強を始めてみた!


フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/

管理人のツイッター



[広告]手厚いカスタマーサポート。高品質の取引ツール。各種手数料無料のDMM FX!
[広告]楽天カードを新規入会+利用で5000ポイントをゲット!年会費だって永年無料!
[広告]コメントでもっと面白くなる!日本最大級の動画サービス!

ランダム記事!
はしゃぐ若者たち