集中力アップの方法には瞑想!脳を鍛えて持続可能な集中力を!

書物が陳列されている図書館

はじめに

集中力は長くは持ちません。

そのために一定時間ごとに休憩を挟みながらやればそれだけでも効率アップです。

 

目を瞑るだけでも脳の休憩になるようなので、それでも十分な効果があります。

 

でも最近、僕は瞑想を小休憩の時間に実践しています。

 

悩めるすべての人に贈る「瞑想」のススメ

上記のページでは簡単なやり方を教えてくれています。瞑想自体を初めて知る人は読んでくだされば。

 

もし実践してみて興味が湧けば書籍などを購入して、より詳しいやり方や効果について調べてもらえればと。

始めよう。瞑想

楽しもう。瞑想

上記の二つの本は僕も購入しているやつです。

順番としては上の本を最初に。次に2番目の本。

瞑想のやり方や続けるコツ。すぐに実感できる瞑想による効果から、慣れて来たら体験できる効果なども書かれています。

 

 

 

読書する女の子

瞑想を取り入れて集中力・記憶力の維持を。

瞑想と聞くととっつきにくさやスピリチュアル感を感じる人もいるかもしれませんが、科学的にもメリットが発見されています。

 

簡単に紹介すると下記のような効果があります。

  • ストレス解消になり、ストレス耐性も強くなる
  • 睡眠の質が向上し、気分や体調が良くなる
  • 記憶力・集中力の向上
  • 人に優しくなれて人間的に成長できる
  • 普段のモチベーションが上がり、何事にもアクティブになれる

etc…

 

瞑想自体を長く続けて上達すると他にも様々な効果があるようですが、さっき紹介した効果はすぐに実感できる一覧です。

また、ストレス解消や睡眠の質向上、集中力アップは間接的に色々な事に影響のあることですよね。

メンタルさえ鍛えておけば、社会生活のほとんどの事を上手に、楽しみながら過ごす事が出来ると思います。

 

 

瞑想は簡単に説明すれば「記憶の整理」だと僕は考えています。

人は午前中の方が作業効率が上がると言われていて、そのため頭の使う作業などは午前中にこなしてしまう、というのはよく言われる事です。

それは夜の睡眠時に記憶の整理を行って頭の中をスッキリさせている状況が、物事に集中しやすいという事。

 

人間は何もしない状況であれば勝手に記憶の整理を始めます。

でも、基本的には日中起きている時は何かしらに頭を使っていますよね。

テレビを見たり、人と話したり、考え事をしたり。

睡眠時は何もしないために記憶の整理が行われますが、瞑想をする事によって、起きている時にも記憶の整理が出来るという事です。

 

厳密に言えば、睡眠と瞑想は別物なのでしょうが、僕はまだまだ初心者なので、

「睡眠の時の記憶の整理を瞑想でも行っている」というものだと思っています。

 

嫌な事があったりでストレスが溜まっている状況だと睡眠が浅くなると言われますが、瞑想の時にその嫌な記憶を少しでも処理する事で、睡眠の質の向上につながります。

 

 

ほのかな明かりの電球

脳を休めるだけでなく鍛える事が出来る瞑想

勉強や作業でつかれた時に瞑想をすれば、脳の疲れを回復出来て集中力を戻す事が出来ます。

 

でも、瞑想の効果はそれだけではありません。

瞑想を普段から実践すれば、脳を鍛えられて集中力や記憶力の底上げが可能です。

 

瞑想って本当にいいの? 脳の中で何がおきているのか究明してみた

上記の記事でも説明されていますが、僕には難しい事は分かりません(笑)

 

脳の神経が強化されたり、または偏桃体と呼ばれる恐怖心などを司る部位との神経の結びつきが弱くなって不安を感じにくくなる、などの効果があるようです。

脳については科学的にもまだまだ分からない事ばかりなので、とりあえず自分で実践してみて良さそうなら続ける。

そんな方法で僕は色々な習慣の効果を試しています。

 

 

瞑想を続けるコツは短時間でいいから回数を増やす

瞑想をやってみようかと思った人で、いきなり「よし40分ぐらいやるか!」という人もいるかもしれません。

 

やってみると分かるのですが、あまり体を動かさずに自分の呼吸やマントラだけに集中するって最初は難しい。

慣れると心地よさが感じられるので続けやすくなるのですが、普段の習慣にまで出来るかは別の問題。

 

やっぱり毎日ペースで取り入れる方が良いようなのですが、15分ぐらいの瞑想でも、取り掛かるまでの腰が重い。

やり始めたら10分や15分ぐらい出来るようになったのですが、最初の一歩が踏み出せないんですよね

 

それだと、習慣化するどころか、だんだんと距離を置いてしまう。

偶にやるだけでもリラックス効果や脳の疲れを回復させる効果は感じられますが、できれば習慣にして脳を鍛えたい!

 

そう思って、最近考え方を変えました。

「とりあえず数分でもいいから始める。ダメそうなら1分でやめるし、調子が良かったら続けよう」

こう考えるようになってから、普段から実践しやすくなりました。

そして一度腰を上げてしまえば、15分ぐらいいつの間にか過ぎている事もしばしば。

調子の良い時などは休憩を入れながら15分を数セットやる時も。

 

この記事の最初らへんに紹介した書籍でも「瞑想は長くて15分。まだやれそうなら休憩を入れてから15分をやる」と書かれています。

「瞑想自体が休憩になるのに、それのために休憩を入れるってどういう事???」

となるかもしれませんが、この辺は僕では上手く説明できません(笑)

 

瞑想をすれば普通の作業に使う集中力は回復します。これは本当。

でも瞑想で記憶の整理を続けていると、同じ脳の使い方だけを続ける為か、雑念に振り回されやすくなります。

 

瞑想の良いサイクルとしては、

呼吸に集中→雑念に気付く→観察する→いつのまにか雑念が無くなっている→呼吸に再び集中する→雑念が出てくる。

というのの繰り返しです。

段階が進めば違う感覚になるそうですが、僕はまだこのサイクルのところですね。

 

それで長い時間瞑想をやっていると、雑念が出てくるまでは良いのですが、それにずっと囚われてしまう。

雑念が消える→呼吸に再び集中する、までの時間が長くなっていきます。

そうなったのなら、瞑想を一旦終わって、休憩を入れてから実践するほうが効率が良いように個人的には感じています。

 

 

終わりに

ネットの記事とかでも成功者の人が瞑想を取り入れていると言われていたりします。

それに瞑想を上達していけば、もっと凄い効果もあるようです。

感じた事のない快感が脳を巡ったり、過去の記憶を閲覧出来たり、トラウマや恐怖心を克服出来たり。

 

 

まあとりあえず僕は、コツコツと瞑想をやりながら、このブログの記事を書いたり、勉強したり、遊んだりしていこうと思います。

 

質の高い食事・睡眠・運動。これらに加えて瞑想を実践できれば、将来凄い人間になれる(かも)。

そんな淡い期待を寄せながら、やっていこうと思います。

筋トレ+瞑想。これで多分ほとんどの事が解決できます( ゚Д゚)

目指せ論理的な脳筋!(笑)

よければ皆さんも一緒に瞑想、どうですか?(^^)/

 

スポンサーリンク


オンライン学習講座プラットフォーム『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/