情報強者とは?社会環境の変化に適応するんだ!

ライオン

始めに

この記事は情報強者という言葉のカッコよさに惹かれたという理由で書いている記事になります。

時間のある人だけ読んでください(笑)

学問のすすめ

福沢諭吉は学問のすすめでこう言っています。

 

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

 

有名な言葉ですよね。

実はこの文章は平等主義を意味するものとして広まってしまっていますが、福沢諭吉の意図とは違っています。

原文ではこういう風に書かれています。

 

「天 は 人 の 上 に 人 を 造ら ず 人 の 下 に 人 を 造ら ず」 と 言え り。

「と言えり」の部分は「と言われている」のような意味になります。

 

そしてその文言のあとも文章が続くのですが、要約すると以下のようなものになります。

 

「天 は 人 の 上 に 人 を 造ら ず 人 の 下 に 人 を 造ら ず」て言うよね。そういうことなら生まれながらにしてみんな平等で、足をひっぱりあわず、生活の苦労などもなく人生を過ごせるはずだよ。

でも世の中には賢い人もいれば、愚かな人もいるし、貧乏人もいれば、金持ちもいる。

なぜかって?そんなの明らかだよ。

勉強するかしないかさ。

 

あまりに雑な要約をしてしまい、心の中で福沢諭吉先生には謝罪をしましたが、大体こんな感じです。

ここでタイトル回収をしていて、学問をすすめているわけですね。

勉強をして、情報を使うものが富を得て、また人間的にも成長していく。

 

記事の本題とは少しずれてしまいましたが、紹介しておきたかったので書きました。

有名な人の言葉を借りて、説得力をあげるという手法ですね(笑)

 

世はまさに情報化社会!

スティーブジョブズが一般にパソコンを普及させ、セルゲイブリンとラリーペイジが寮の部屋からGoogleを作り始めて、2000年代にはTwitterやFacebookが流行り、Webサイトやブログなどを誰もが始められ、世界には情報があふれている。

富、名声、力。

成功すれば何でも手に入り、世界だって変えられる。

野望という力は、男たちを資本主義という海へと駆り立てた。

男たちは成功を目指し、夢を追い続ける。

 

世はまさに、情報化社会!

 

 

・・・・・・・・。

Onepieceの冒頭をもじろうとしましたが、失敗してますね(笑)

 

上記で言った通り、だれもが自分のメディアを持てる時代です。

そして情報を発信する際には、発信者が意図的にしろ無意識にしろ、情報が曲げられて伝えられるという可能性があります。

 

それを見極める力をつけていかないと、詐欺に引っかかったり、悪質な情報商材にひっかかったり、金銭面で損をしてしまいます。

権力者が大手メディアに圧力を加えれば、情報操作だって可能になってしまいます。憎しみだって煽られるでしょう。そうなると生命の危険にさらされてしまう可能性だって出てきます。

 

自分を守るためにも愛する人を守るためにも、強く、強くならなければ!

 

情報に溺れない

[多くの情報に、溺れていませんか]

上記のサイト面白いのでおすすめです。

上記のページでも言われている通り、世の中に情報はあふれています。

その中で自分に必要なものはどれか、また、インプットばかりに時間を費やして、アウトプットをおざなりにしていないか。

 

自己啓発本や起業をすすめるサイトなどの聞き心地のいいカタカナ言葉に酔ったりしていませんか?

意識が高い人ではなく、意識高い系になっていませんか?

フレキシブルなマインドをもって、ワールドにイノベーションを起こし、フラッシュアイデアをコミットし、ステークホルダーとウィンウィンなリレーションシップを築く。そんなワードを使うことだけでサティスファクションしていませんか?

 

ここまで書いておいてなんですが、僕はこういうカタカナのビジネス用語だいぶ好きです(笑)

他の記事などでは抑えているんですが、使ってると楽しいんですよね。

伝わりますか、このフィーリングが。

 

 

 

・・・うざいのでこれくらいで止めておきます。

 

 

 

失敗する起業家の例として、カッコつけれるビジネスに手を出そうとして、お金が尽きてしまうなんて例もあるそうです。

ユーザー層が違うのに、テレビで特集されていたからという理由で、Facebookの広告を利用したり。

流行っているからという理由で、技術者などがいないのに、AI事業やIOTに参入してしまったり。

 

身の丈に合わない情報を手に入れてしまったばっかりに、その情報に振り回されてしまう。

自分が扱える情報をインプットしていくというのが大事なのかもしれません。

 

最後に

 

情報強者に俺はなる!

 

正直、上のが言いたかっただけです(笑)

 

これからは自分の身の丈に合った情報をインプットして、こうしてブログなどでアウトプットしていく。

そんなヴィジョンを持って、ソーシャルに対してコントリビューションできればとスキームを建て、グランドデザインをシンキングしています。

 

 

・・・もう意味わからねーや(笑)

この記事を書いているときに

意識高い系の人が使いそうなカタカナのビジネス用語を68個解説してみた【玉縄】

というのを見つけました。面白いのでよければ読んでみてくだいね。

 

 

スポンサーリンク




フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/

アラカワのツイッター




[広告]手厚いカスタマーサポート。高品質の取引ツール。各種手数料無料のDMM FX!
[広告]楽天カードを新規入会+利用で5000ポイントをゲット!年会費だって永年無料!
[広告]コメントでもっと面白くなる!日本最大級の動画サービス!