ツイッターのインフルエンサーの人は皆、自分の武器を持っている。

影響力・発信力を持つという大切さ

最近になってようやくツイッターにはまっております。


今回はそんなツイッターの中でたくさんのフォロワーがいるインフルエンサーについてのお話。


ツイッターを含めてSNSにはインフルエンサーと呼ばれている人達がいます。

彼らは自分の発信力を生かして、様々なビジネスや企画をされています。


今の時代、どれだけ良い商品を作れたとしても人に知ってもらわなければ、

何も作れていないのと同じになってしまう。



そしてその商品を宣伝するというのにはとてもお金がかかってしまう。

そこで一つの方法として広告という選択肢がある訳ですが、

普通のネット広告ってあまりクリックしませんよね。僕はほとんどしません。




そんな時に自分の商品のイメージに合っている、自分の商品に関心を寄せてくれそうなフォロワーがたくさんいる人に宣伝をお願いする。

そうする事でネット広告より、「自分の応援している人がおすすめするなら!」と興味を持ってくれる可能性がぐっと高くなるんですよね。



そしてそんなインフルエンサーですが、人によっては自ら商品やコンテンツを作ってそれを売っている人もたくさんいます。

自らが手掛けるコンテンツなら、フォロワーの人はなおさら欲しくなる。


そして僕が今回注目したのは、そのインフルエンサー本人が販売している商品・コンテンツというのには、その人によって大きく違っているという事です。


お金を稼ぐ系のブロガーの人なら稼ぐ方法をまとめた書籍やnoteを用いた教材。

オンラインサロンというコミュニティで、加入者にノウハウを教えたり、共同でイベントを行う場所を提供したり。

そして一言でオンラインサロンとは言っても、その内容さえ千差万別なんですよ。


脱社畜を掲げるサロン。みんなでビジネスや企画を計画して遊ぶサロン。共同で田舎や山を開拓したり。

それぞれの主催者の特徴が色濃く出ていて面白そうな内容ばかりです。

自己啓発系のブログの人は、それを用いてセミナーを開いたり書籍を出したり。


ユーチューバーの人達なら自分のオリジナルTシャツやグッズを販売されている。


アイドルや歌手の人はグッズなどはもちろん、自分の曲やライブを宣伝している。


それぞれの売っているコンテンツを見ると、その人の特徴と言うか武器が存分に生かされているなと思いました。

「ああ、これはフォロワーの人ならつい買ってしまうな」と。


最近はフォロワーが多い人を見つけると、その人がどんな呟きをしているのかを確認するのと同時に

どんな商品を売っているのかを見るのが地味な楽しみになっています。


皆さんもよければ、そういった視線で見てみると

面白い気付きがあると思います。


そして面白いと思いながら同時にこうも思いました。

自分の武器が欲しいと。

「アラカワといえば○○」というイメージ・ブランドが定着すると

今よりもっとツイッターが面白くなりそうな気がしております。
まあそのためには発信を続けて応援してくれる人を増やさないといけませんね(笑)




今回の記事はなんか脈絡がないですね( ゚Д゚)

まあいいか、書いていて楽しかったし。

じゃあ勢いだけで書いてきましたが、今回はこれまで。





死ぬまでにやりたい事がいくつかあります。それが『死ぬまでにやりたいリスト』。その中のバンジージャンプやスカイダイビングは達成する事が出来ました。でもまだまだやりたい事がたくさん。

そのためには時間とお金と能力と人望と根性が必要なのですが、僕にはほとんど足りてません(笑)

ですがやりたい事はたくさん残っている。それをやり遂げないと死んでも死に切れません。

なので僕の『死ぬまでにやりたいリスト』の活動のサポーターを募集しております。いわゆる投げ銭と呼ばれているやつですね。


やりたい事は多種多様ですが、行動指針はきっとこれからも変わりません。

全ては楽しい世界のために。




フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/