おすすめサービス

天才になるには?自分の才能を見つける&磨く方法について調べてみた!

only one

始めに

高度な知的能力を持っている人を「ギフテッド」と呼んだりします。

日本語で言えば天才ですね。

 

「gift」(ギフト)が贈り物という意味で、「才能や資質を天から授けられた人」という意味で「gifted」(ギフテッド)ということですね。

中二病っぽく言えば「与えられし者」ですね。

 

歴史に名を残した偉人や天才と呼ばれてきた人たち。

何が人を天才たらしめて、何が天才をを作るのか。

 

また、自分にも埋もれている才能があるのではないか。

埋もれているのなら、掘り起こしてやろうじゃないか。

 

そんな好奇心と淡い期待に襲われて、天才に育つ要因や才能を見つける方法などを調べてみたので、それをまとめていこうと思います。

 

本の部屋

コンプレックスや子供のころの恐怖体験

成功者や天才と呼ばれている人たちの子供のころや若いころのの話を聞くと、衝撃的な体験をしていたりします。

 

Apple創業者のスティーブ・ジョブズは養子に出されていたり、拳銃で脅されたことがあったり。

 

世界的投資家であるジョージ・ソロスは幼少期、世界大戦に巻き込まれ、死の恐怖を実際に体験した人でもあります。

 

そのほかにも、子供のころに学校になじめなかったり、親に愛情を十分ともらえていなかったりと様々なつらい経験などをしています。

 

でもその結果として、人生の理不尽さを知ることができて、

「自分のやりたいことを思い切りやらないと人生は割に合わない」。

夢や希望といった綺麗な感情ではなく、執念のような強い思いが彼らを天才たらしめるのかもしれません。

 

孤独な時間の重要性

子供のころのつらい経験。また天才と呼ばれる人は子供のころから感受性が高かったりもします。

感受性が高いということは、良いこともたくさん吸収できますが、悪意なども感じやすくなってしまうということ。

 

その結果として、周りの子たちとの価値観や考え方などが合わなくて、孤独な青春時代を送っている場合などもあります。

 

ですが、確かに周りからみれば孤独に見えるような状況でも、本人たちは意外に楽しんでいる場合だってあります。

一人でいる時間は自分のやりたいことに集中できる時間になるのです。

集団で行動していると、どうしても周りの人の情報に振り回される可能性が出てきてしまいます。

ピカソなども授業中にも絵を描いたりして、よく反省室のような場所に連れていかれたそうです。

でも本人は、これで好きなだけ絵が描けると、かえって喜んでいたんだとか。

 

そうして才能を磨き続ければ、いつかは自分のことを理解してくれたり、理解しようとしてくれる人が現れて、結果として実りのある人生になっていくのでしょう。

 

好きなことをやる

天才たちは好きなことでお金を稼げるレベルまで昇華した人たちでもあります。

 

やりたくないことをやっていると思ってしまうと、ストレスホルモンなどが出てきて、結果として集中力や記憶力も落ちてしまいます。

 

好きなことをやれば、利益などを度外視でできますし、

失敗したとしても、それまでの努力の時間や費用を無駄だとは思わないのでしょう。

むしろ本人にとっては努力とも思っていないのかもしれません。

 

もちろん、好きなことを仕事まで昇華できるというのは、とても難しいことだと思います。工夫や思考が必須でしょう。

でもそれを実現してしまう彼らは本当に尊敬しますね。

 

好きな事しかできないのはデメリットもあるでしょうが、

それなら好きな事をふやす努力をしていくというのもありなのかもしれません。

それは自分の成長にもつながりますしね。何より楽しいことで一杯のほうが楽しいでしょう(笑)

 

量をこなす

天才と呼ばれる人たちは、子供のころから何かしらの努力を積み重ねている場合がほとんどです。

もちろん才能や資質の差もあるのでしょうが、努力の差はそれだけでも結構な力になります。

 

スポーツなどをやっていた人ならわかりやすいかもしれません。

やっぱり小学生や中学生のころからスポーツを習っている子たちは、高校生から始めた子たちよりも、圧倒的に上手です。

この時に感じる壁は結構でかいです。

 

 

それに加えて、才能のある子が積み上げてきた努力や時間によって生まれる壁は、到底覆せるようなものではありません。

ピカソは多作な芸術家と知られていますし、エジソンもたくさんの発明をしています。

好きな事に夢中になり量をこなしていくと、勝手に質も上がっていきます。最初は下手くそでも、好きな事ならやりこんでみるというのも賢明な選択しになります。

 

才能のある人が努力をし続けた結果、とんでもない人間になっていけるのでしょう。

 

人によっては自分は頭がよくないから、才能何てないと思っている人もいるかもしれません。

ですが、学校の点数が取れなかったからと言って落ち込む必要はありません。

それぞれ脳によって、得意な事が違ってくるからです。

 

例えば想像力が高い人は、色々な事を考えることができますが、集中するということは苦手だったりします。

目の前のことに完璧に集中できる人は、色々な事を同時に考えるのが苦手だったり。

 

脳によって特性があるので、自分が得意なことは何なのか。

それを見極めることが、天才への一歩になるのでしょう。

そのためには様々なことにチャレンジして、自分の好きなものを見つけていくというのが近道かもしれません。

 

絶対的な価値観

普通に人では味合わないような様々なつらい経験などによって、天才たちの価値観は磨かれていきます。

それによって周りに流されすぎない、自分の世界観や価値観をしっかりと持っている人になれるのでしょう。

 

でもこれは同時に、どれだけ周りに褒められても、自分が満足できないといった完璧主義のようなものになる場合もあります。

自己満足を追求し続けるというのは、自分との闘いにもなるでしょう。

自分と向き合い続けるというのは、精神的に疲れることではあると思います。

 

それでも天才たちが戦い続けてことによって、素晴らしい作品やアイデアや発明が生まれてくるのです。

 

終わりに

「天才はみんな努力している」

「でも努力したからといって天才になれるとは限らない」

 

こんな感じのことはよく聞きますよね。

残酷に聞こえるこの言葉も、心の中で受け止めてしまえば、あとは自分が思うように行動し続けるのみ!

 

様々なことにチャレンジして才能を見つけ、そして努力して才能を磨き、自分のためや世界のために戦い続ける。

そんな人生はとてもつらいかもしれません。天才たちの孤独や恐怖はとても大きいものでしょう。

 

でもやっぱりそんな生き方はカッコいいですよね。

 

僕はそう信じて頑張っていこうと思います!

 

 

この記事が少しでも役に立てば幸いです。

 

 

 



今の場所から一歩先に進むために。ビジネス、語学、プログラミング、デザイン、マーケティングetc...多彩なジャンルの教材がたくさん!

オンライン&動画学習で新しいスキルを身に着けて、周りのライバルと差をつける!

オンライン学習講座サービス『Udemy』で勉強を始めてみた!



フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/

管理人のツイッター



[広告]手厚いカスタマーサポート。高品質の取引ツール。各種手数料無料のDMM FX!
[広告]祝い金は最大3万円!Wお祝い金だとなんと12万円!日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

ランダム記事!
はしゃぐ若者たち