カフェイン断ちの離脱症状が辛い?対策として徐々に減らせば大分まし。

カフェイン断ちのコツが分かってきた!

これまでカフェイン断ちを成功させて、しばらくは質の高い睡眠を維持できていました。

でもたまに「一回くらいいいだろう」と思って

マウントレーニアのカフェラテや

エナジードリンクのモンスターエナジーを飲んでしまう。


一回だけ飲んだとしてもそれ以降飲まなければ、2日後ぐらいに軽い離脱症状なのか、

頭痛と眠気が来ることがあります。

一回だけならだいぶ軽い離脱症状なのでそのままちょっと我慢するだけで

またカフェイン断ち状態に戻る事が出来ました。



問題は一回カフェインを取って、それでまたカフェインを日常的に取ってしまう場合。

またカフェイン依存症になってしまう場合ですね。

体質によってカフェインを取ろうが夜熟睡出来る人もいるそうなんですが、

僕は思いっきりカフェインの影響を受けやすいタイプみたいです。



夜寝れないのと、寝たとしても熟睡感が無い。

またお腹がゆるくなりやすいのもカフェインの影響のようです。

それで数日間カフェインを摂取してからピタリと止めると

離脱症状が結構強く出てくる。

1週間以上だとかになるとさらに酷い。


今まで一度もカフェイン断ちをやってなかった人とかも

試してみて離脱症状に苦しんで

諦めた人も多いのではないでしょうか。



色々と症状はありますが大きなものが

・酷い頭痛

・日中から凄い眠気

ですね。

これは普段からどの程度カフェインを摂取しているのかによって

辛さとその持続日数が変わってきます。


でもあくまでもこれは一気にカフェインを止めた場合。

酷い離脱症状に苦しまないために他のサイトでも言われてはいますが

『カフェイン摂取量を毎日徐々に減らしていく』

これが一番有効だと思いました。


僕も最初は面倒臭がりというか、変なところで真面目なのか

カフェインを一気にやめていたんですが

酷い離脱症状に襲われました。

1週間ぐらいそれを無理やり我慢してマシになっていったので

それはそれでいい経験ではあったのですが、

やはりその1週間は日常生活に多少は影響が出ます。



そのためもし今、またカフェインを日常的に取ってしまう状況になったとしても

僕は『徐々に減らす』作戦を行っています。



僕らが口にする美味しそうな飲み物には意外とカフェインが入っています。

でも種類や商品によってカフェイン含有量は違います。

それを知れるのがこちらの森永乳業の栄養成分表示サイト


このサイトにはコーヒー飲料だけでなくお茶やアイスなどのカフェイン含有量が示されています。

載っていない商品でも『商品名+カフェイン』などで調べると該当するページが出てくるでしょう。


この含有量を見ながら量を毎日少しずつ減らしていくといいでしょう。

・ほとんど離脱症状が出ないようにするなら50mgずつ減らす。

・ちょっとぐらいなら離脱症状が出てもいいなら前日の半分の摂取量にする。

僕が好きなマウントレーニアのカフェラテには98mgぐらいカフェインが入っているようですが

これを前まで2杯ぐらい飲んでいたのなら

翌日はカフェラテ+ウーロン茶200mlぐらいとか。

ウーロン茶にも100mlあたり20㎎カフェインがあるようなので

合計で140mgのカフェイン摂取。翌日にはカフェラテ一本だけに減らす。


この辺は実際に自分の頭痛の痛さと相談しながら調整してもらえればと思います。

でも普段意識していなくてもカフェインが入っている食べ物・飲み物もあるので

それらをまず調べる事から始めてもよさそうです。

チョコレートにもカフェインって入っているようなんですよね。

まあチョコは固形なので飲み物ほどたくさん食べ過ぎるという事はないでしょうが。



カフェインを取る事で睡眠の質が悪いと感じている人が

カフェイン断ちを成功してくれればと願っております。

カフェイン断ちをちゃんと出来ている状態で寝る事が出来ると

それまでひそかに貯めていたストレスや疲れがどっと取れるので

翌朝には少し世界が違って見えるかもしれません。

皆さんに熟睡する楽しさを知ってもらえればと思います。


じゃあ今回はこれくらいで。

もっと面白い世界を、この目で見てみたい、楽しみつくしたい。全ては楽しい世界のために。ツイッターでそれっぽいことを適当につふやいてます。






会話劇シリーズ一覧