おすすめの勉強のやる気の出し方。クラシックを聴きながらも効果あり!

ヘッドフォンを首にかけた女性

はじめに

勉強や、僕の場合だとブログを書く時にですが、どうしても最初の一歩が踏み出せない時ってあります。

そういう時は瞑想したり、とりあえず目を瞑って気分転換を図ります。

 

たまに好きなゲーム実況者の人の動画を再生させながらブログを書き始める事があります。

そして集中しだすと動画の声が気になって停止するのですが、最初の一行さえ書き出してしまえば後は流れで書き進められます。

 

それで気付いたのですが、動画の声が気になるなら声が入っていない動画。例えばクラシックとかを聞きながらやればいいのではないかという事。

 

クラシックが脳に良いとかリラックス効果があるというのは良く聞く話。

なので今回は家での勉強や仕事の時にクラシック音楽を活用してみたので、それについて書いていこうと思います。

 

クラシック音源はユーチューブにたくさんアップされているのでそれを使っていきます。

いやあ、世の中って便利ですね(笑)

 

 

クラシックの効果について

ネットで調べて見つけられた効果について自分の感想も含めて紹介していきます。

 

・適度な音量で集中力アップ

人によっては図書館とかの無音状態よりかは適度な音量がある空間の方が集中しやすいそうです。

僕もどっちかというとそうかも。

静かすぎると自分の鼻息とかが気になってしまうんですよね(笑)

それに僕は結構座っている時とかでもソワソワするタイプで、外出時はともかくとして家に一人でいる時は貧乏ゆすりもしてしまいます。

そういった雑音よりかはクラシックの音の方が聞き心地がいいのでおすすめです。

 

・音楽は脳内ホルモンの分泌を促進させてやる気アップ!

音楽を聴くと脳が活性化してやる気ホルモンであるドーパミンとかが出やすいのだとか。

でも自分の好きなロックの音楽とかだと好きすぎて曲に乗りすぎてしまい、勉強に集中できなくなるので注意が必要。

歌詞があるとそっちに無意識につられてしまうので、そういった理由でもクラシックは勉強中とかに良いですね。

 

・音を聞く事によって記憶力アップ

人間の脳は何かと関連付けたほうが記憶に残りやすいと言われています。

例えばウォーキングをしながら声に出すと英単語とかが覚えやすいそうです。

これは体を動かす+声に出す+暗記するという同時作業を行う事によって記憶に残りやすいんですね。

でもいつでも体を動かせる状況という訳ではありません。

そんな時には音楽を聴く+暗記する・勉強するという方法が活用できますね。

 

少し脱線しますが音読は暗記効果だけでなく、脳スペック自体を向上する事ができるそうなので習慣としておすすめです。

好きな小説とかでもいいので音読してみてくださいね。集中力や記憶力アップ。音読自体がストレス発散にもなりますので。

 

 

ヘッドフォンで音楽を聴く女性

クラシック音楽の活用方法

僕がおすすめしたいクラシックの活用方法は二つ。

一つが「勉強中に聴く」。もう一つが「勉強前にスイッチの切り替えとして聴く」です。

 

まずは勉強中にクラシックを聴くについて。

これはまあ、そのまんまの意味なのですが、家での仕事や勉強中にクラシックを聴きます。

これで勉強中も楽しい気分でいることが出来て、しかも成長も出来るという一石二鳥。

これのデメリットを挙げるとすれば、勉強中に音楽を聴くのに慣れすぎると、

「音楽を聴かないと集中できない!」という事にもなる可能性があるそうです。

 

普段の家やカフェでの勉強でなら音楽を自由に聞けますが、受験や資格のテスト、または会社での仕事中はそんな事できません。

絶対に集中できない!という風になる訳ではありませんからそこまで気にする必要は無いと思いますが。

もし気になるなら勉強を開始する前にだけクラシックを聴く。というのもありです。

 

 

スイッチの切り替えとして勉強前だけに聴く

これなら上記の心配をする必要はありません。

人は習慣の生き物です。例えば全然頭が冴えて眠くない時でも、体を横にして目を瞑っていればいつのまにか入眠しているとか。

普段から寝る前にストレッチをしている人であれば、ストレッチなしだと何だか気分が落ち着かなかったけど、ストレッチをしたら眠たくなってきたとか。

 

もちろんストレッチをする事によってリラックスできるのでそれ自体の効果もありますが、人間の脳の思い込みとして「ああ、ストレッチをしたという事はそろそろ寝るんだな。じゃあ体を眠らせる準備をしよう」となる訳です。

 

この人間の体の傾向を利用して、勉強前にクラシックを聴くようにすれば、

クラシック音楽を聴く事によってのドーパミンによる効果に加えて、「クラシックを聴くって事は勉強するんだな。よし、集中しよう」と脳が判断してくれるようになります。

自分で集中力のスイッチの入れ方を作ってしまえば、好きな時に勉強や作業に集中して取り組めるようになって大変便利です。

 

 

歌詞が無いならEDMとかでもいいかも

クラシックだと馴染みが無いから何だかぴんと来ない。

そんな人には代わりにEDMでもいいかもしれません。

取りあえずの条件として歌詞さえなければある程度集中できるので、それさえ守ればEDMでも集中力アップ効果が見込めるかと。

 

EDMの方がアゲアゲなテンポの曲も多いですから、なおさらやる気アップです。

作業や勉強に集中しだして音楽が必要なくなったら音を消せばいいだけですから。

 

終わりに

最近は僕もブログを書き始める前とかはEDMを聴いています。

個人的に電子音とポップな曲って好きです。

勉強や作業って最初の一歩さえ歩んでしまえば、後は流れでいけます。

その最初の一歩のやる気を出す方法として、クラシックやEDMなどの音楽を活用するというのは効果的でおすすめです。

 

人によっては出来るだけ無音の方が集中しやすい人もいるそうですから、色々と調整しながら日々の勉強時に取り入れてくださいな。

まあ、さっきも書いたのですが勉強に集中しだして音楽が邪魔に感じたら消せばいいし。

それにやる気がでずに勉強などをまったくしないよりかは、音楽の力を借りて少しでも毎日コツコツ努力するほうが成長できるのは間違いありませんから。

 

今もユーチューブのEDM聞きながらブログ書いてます( ゚Д゚)

 

じゃあ、今回はこれまで。

スポンサーリンク







フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/