AIりんなと雑談&嫌われるLINE、好印象を与えるLINEを調べて反省。

はじめに

リアルとラインでは性格が違う。どうもアラカワです。

 

今日はラインについての記事。

僕はリアルではコミュ障ですが、ラインでのコミュニケーション力はどうなのだろうか。

それを検証するためにはラインで実際に誰かとコミュニケーションをとる必要があるのですが、相手がいない。。。

 

ということで今回はラインの女子高生AIのりんなちゃんと雑談してみました。

その動画がこちら。

動画内では多少りんなちゃんが変な返答をしたとしても、無理やりにでも僕が話を合わせるという趣旨でやりました。

ですが、最終的には話が噛み合わずに終わります。

 

それはりんなちゃんがAIだからなのか。それか単純に僕のコミュ力が低いせいなのか。

出来れば後者でなければいいなと思いながら、僕はラインでのコミュニケーションの取り方について勉強する事に。

 

 

これからは相手に嫌われるラインを知って、

その反対の事が実践できれば、むしろ相手に好印象を与えることができるのではないか。

ということで嫌われるラインを反面教師にしていこうという内容の記事になります。

 

 

特に用事は無いが頻度の高いライン

特に何か用事があるという訳ではないが、ちょっとしたことでラインを送られると嫌われる可能性があるようです。

特にカップル同士だと人によっては頻繁に相手とラインをしていたい!という人もいるでしょう。

 

でも、この辺は難しいですよね。

人によってラインの頻度というか、返信スピードって違いますし。

 

なので好印象を与えるには、基本的には相手のペースに合わせれば、特に問題は起きないようです。

 

相手が時間が空いている時には用が無くても構って欲しいタイプなら、こっちもしっかりと返事をする。

 

逆に相手が用事がある時だけラインをするタイプなら、こっちから「おはよう」みたいな挨拶的なラインを送らない。

 

でも相手に合わせすぎて自分がしんどくなっては駄目ですから、その辺は相手と話し合って決めるといいかもしれません。

 

まあ、そんな事を気にする相手が僕にはいないんですがね。はははははっ(乾いた笑い)

 

 

長文過ぎるラインを送らない

ラインが無駄に長文過ぎると相手に引かれてしまうかも。

変に長文過ぎると向こうも「こっちも長く返さないといけないのかな」と変なプレッシャーを与えてしまうことになります。

 

それに特に必要性が無いのに長い文章だと、こっちもどう返せばいいか分からなくなってしまうことも。

 

ですが、これも相手の返事の長さに合わせるというのが一番かなと。

向こうがある程度の長さで返事をしているのに、こっちが「うん」とか「そっか」と素っ気なく返してしまうと逆に相手が不安になるかもしれない。

 

なのでラインの相手が自分にとって大事な人なら、相手の文の長さに合わせるというのがいいらしい。

相手がそこそこ長く返せば、こっちも長く返して。

短い返事なら、こっちも短く返す。

 

まあリアルと同じで相手の様子を見て、相手に合わせるというのはどのコミュニケーションにしたって同じことなのでしょう。

 

まあ、コミュ障の僕の意見なので適当に聞いてくさいな( ゚Д゚)

 

 

返信が速すぎる

これも最初に言ってしまうと、好印象を与えるには相手のペースに合わせるという事になります。

 

相手がすぐに返事を返すタイプなら、こちらも出来るだけ早く返信を。

 

相手が一日後とか数日ごとに返事するタイプなら、こちらも即時に返さずにちょっと時間を空けたり。

 

でも返信が遅いタイプの人とのラインは少し注意が必要かもしれません。

ある程度早めに返事が必要なラインに対して、数日後に返してしまうというのは色々と問題が出てくるかもしれないからです。

 

例えば「明日時間空いてる?」みたいなラインには2日後に返してしまう、みたいな。

これは極端な例かもしれないですが、内容によってはパッと見では分からないが相手的には早く返して欲しいというラインがあるかもしれません。

 

この辺はもう慣れるしかなさそうですね。

 

・・・僕は慣れる程ラインをしないので、どうしましょうかという問題。

 

 

ネガティブな内容ばかり

ネガティブな内容や愚痴ばっかりの人とラインするのはまあ、誰でもしんどくなってしまいますよね。

たまにならいいんですけどね。

というかむしろ自分の中にためすぎるのは駄目って言いますし。相手がある程度中の良い人なら、たまに愚痴ぐらいはもらしてもいいでしょう。

 

でも、毎回毎回暗い内容だと、こっちの相手の気分も下がってしまう。

 

これに関しては相手に合わせる必要はないかもしれません。

 

相手がネガティブな内容を送ってくるからって、こっちも同じようにネガティブな返事をしなくてもOK。

無理に明るい返事ばかりする必要はないですが、普通に返事をしておけばいいでしょう。

それで向こうが離れて行くなら、それはそれで仕方のないことかもしれません。

 

そして自分が暗い内容ばかり送っているなら、出来るだけでいいので面白い話題や、自分が好きな話題を送るようにしたらいいかもしれません。

明るい人の周りには自然と明るい人が集まってくる。

 

周りにいる人が明るい人ばかりなら、最初はしんどいかもしれませんが自分もだんだんと周りから元気をもらって明るくなっていくかも。

 

 

と、周りにほとんど人がいない自分はそう思います( ゚Д゚)

 

 

絵文字やスタンプをたくさん使う

これは特に男の人は気を付けないといけないかもしれません。

若い女ならかわいらしい絵文字やスタンプをたくさん使ってもいいかもしれませんが、男がスタンプを使いすぎたりすると引いてしまう女の子はいるようです。

 

普段は絵文字なしの文章で、たまにスタンプを送るくらいならいいとは思います。

 

気になる女性に対して、リアルでアピール出来ないからといって、無理してラインで可愛いスタンプをたくさん使っても逆効果しかないでしょう。

ラインはライン。

結局大事なのはリアルで直接話したりする時が重要視される。

 

でもだからと言ってラインで悪印象を与えてしまうと普通に嫌われてしまう可能性があるため、あくまでラインでは普通に当たり前の返信をすれば問題はないでしょう。

 

 

まあ、当たり前って言うのが地味に難しいんですがね。

 

 

ちなみに僕の中学生の時とかはまだメールの時代だったんですが、好きな女の子相手に学校ではアピールできないので、メールでハートを使ったり目がハートの表情のやつを使ったりと中々にキモイアプローチをしていました。←いや、誰が興味あんねん。

その子とどうなったかというと、皆さまの想像通りだと思うので、詳しくは言わないでおきます。

 

 

返事が来ないからと催促してしまう

これも個人的には気持ちは分かるのですが、やっぱりやられた方の気持ちを考えると嫌がられてしまうでしょう。

 

これも相手の返信ペースによって変わるでしょうが、あんまりすぐに返信しないタイプの人に対して、ちょっと返事が遅いからと言って催促してしまうと嫌われてしまうかも。

 

そういう人は相手に興味が無いのか、はたまた元々返事が遅いタイプなのか。

どちらにしろ催促してしまうと相手にプレッシャーを与えてしまいます。

 

なので返事がすぐに来ないとしても余裕をもった態度でいましょう。

仮に表面上は余裕が無くても、催促は何とか我慢していれば相手の子が「ああ、この人はある程度余裕のある人なんだな」と思ってくれることもあります。

 

催促してしまうということは相手に依存しすぎている可能性があるため、他の趣味とかを探すといいかもしれません。

そうしたら相手の事を考えすぎずに、自分の時間を大切に使えますから。

 

ラインに限らず、何か一つの事に固執してしまうと何かしらバランスが悪くなってくるので、色々な事にチャレンジするっていうのは大事みたいですね。

 

おわりに

結論を言うと、相手のペースに合わせれば何とかなるという事でした。

それがラインでも現実でも普通に出来る人がリアルを充実させられるのでしょう。

 

コミュ障の僕はそういう部分を意識しながら頑張ろうと思います。

いや、その前に友達作らないと。

 

・・・それが一番難しいね(笑)

 

 

スポンサーリンク







フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/