仕事や勉強の集中力がなくなったら瞑想や昼寝で休憩が効率アップ!

パソコンを操作している人

はじめに

人の集中力は長くは持ちません。15分が人間の集中力が維持できる時間で、それ以降は下降していく、ってよく聞きますよね。

 

僕の場合だとその時の体調や気分によって集中力が続く時間が変わります。

それに「今回は何分集中力が続いたな」って計測している訳ではないので、精確な時間は分かりませんが、やる気が無くなったら休憩するというのがいつものパターンです。

 

ブログの記事を書いている時だと、やる気がある時や調子が良い時は文章がスラスラと出てくるのですが、だんだんと疲れてはきます。

それで「疲れたな」と思ったら書くのを中断して、好きなゲーム実況者の人の動画を見ます。

それだと脳の休憩にはならないのですが、気分転換には効果があります(笑)

ユーチューブだけを見ていると段々と飽きてくるのですが、ブログや勉強などの合間に見ると、これが本当に面白いんですよね。

 

例えるなら、夏休み中ずっとゲームをやっていると飽きるけど、学校が始まってからの土日にするゲームは面白い、みたいな。

 

そして実況動画が一区切りついたら、ちょっとの間目を瞑ったりして休憩します。

目を瞑るだけでも脳は休まっているようで、少し経てばさっきよりも爽やかな気分になり、やる気も復活しています。

 

それからブログの記事作成を再開します。

ただ、どうしても作業効率を上げないといけない時は、目を瞑るだけでなく、瞑想をします。

 

悩めるすべての人に贈る「瞑想」のススメ

上記のサイトは簡単にやり方を説明してくれているのでおすすめです。

もし一度やってみて瞑想に興味が出れば、書籍などを購入するのもいいと思います。

 

 

美しい山と空の風景

瞑想の凄い効果

瞑想の効果はネットなどで色々と紹介されています。

種類によっては瞑想のコツをつかんでからでないと実感できない効果もありますが、瞑想をやらないよりかは実践した方が人間的にも段々と成長できると思います。

  • 集中力や記憶力、創造力が向上する
  • ストレス発散が出来るし、ストレス自体も感じにくくなる
  • 気分が爽やかになりポジティブになれる
  • 寝る前にやれば睡眠の質が高まり、結果的に睡眠時間が減少する
  • トラブル時にも心が動じなくなる
  • 自然と笑顔がこぼれる

これらは比較的すぐに実感できるものですね。

自分を客観的に見るというのは結構難しいので、それぞれの効果を正確に実感するのは難しいかもしれませんが、「なんだか最近調子がいいな」とか「少し前と比べればずっと集中力が上がった」と感じると思います。

 

 

  • 比較できないほどの快感が脳をほとばしる
  • 過去の記憶を再体験する事が出来る
  • コンプレックスや恐怖心を克服して、心が軽くなる

これらは瞑想のコツを掴んで、かつある程度の長い時間続けた場合に実感できる効果のようです。

僕も体験した事ないので分からないのですが、もし本当ならぜひ体験してみたいものです。

 

ただ似たような経験をしたことはあります。瞑想を習慣にしてからは夢をよく見るようになりました。

学生時代の内容が多いかな。

見ていて辛い気持ちになる夢も結構見ました。内容によってはベッドから飛び起きたり、目が覚めてからも辛い気持ちの状態のままだったり。

でもそれらは少し時間が経てば無くなっていきます。

むしろ頭の奥に押し込んでいた辛い記憶を、夢で体験する事によって克服出来て、心が軽くなりました。

 

結果的にポジティブ効果や集中力、やる気や活力アップの効果を、辛い夢を見る前よりも強く感じる事が出来ました。

 

 

もちろん違いはあるのでしょうが、睡眠中も瞑想中も、行われているのは記憶の整理です。

でも何時間も睡眠をするわけにはいきません。

ただ瞑想はある程度長時間やれます。僕が買った本には15分ごとに休憩を入れながら瞑想をするのがおススメと書いてありました。

 

 

話が脱線しましたが、それくらい瞑想の記憶の整理する力はやり方によっては睡眠以上の効果があります。

それを普段の生活に取り入れる事が出来れば、勉強や作業の効率は飛躍的に向上させることができるので、ぜひやってみてくださいね。

 

僕も瞑想のコツを掴んだら、また記事に書こうと思います。

 

 

ベッドに眠る美女

いっその事少し寝てしまうのも手

睡眠不足の状態で瞑想をやってしまうと寝てしまう事があります。

瞑想状態はすごく心地いいので、昨日の晩に夜遅くに寝ていたら強烈な睡魔に襲われます。

それだけの疲れを残しているという事でもあるのですが、瞑想中に寝てしまうなら、いっそのこと瞑想を中断して普通に寝た方がいいそうです。

 

というのも、瞑想中に寝る事がクセづいてしまうと、深い瞑想ができにくくなってしまうそうです。

そのために潔く瞑想を中止して寝る事は、悪い選択ではありません。

 

横になって寝るとぐっすりと数時間ぐらい寝てしまう事があるので、机にうつ伏せて寝るか、椅子の背もたれに持たれながら目を瞑る方がいいです。

健康に良いと言われる昼寝とは言っても、さすがに数時間寝てしまうと夜に寝れなくなります。

これは実体験なので、注意してください(笑)

 

 

おわりに

一線で活躍されている有名人の方が実践していたり、海外の大手企業では「瞑想をする時間」を就業時間に取り入れているところもあるそうです。

日本社会ではまだそこまでは浸透していませんから、個人で実践して周りと差をつける一つの手段になりますね。

 

スピリチュアルな感じがする瞑想ですが、科学的な観点からもメリットが発見されているものです。

そのために安心して取り組んでもらえればと思います。

 

まあ、僕はスピリチュアル系は好きなんですけどね。

夢占いって結構当たってる気がするのは僕だけですかね?w

 

寝る前の瞑想も効果が高く、翌朝起きた時は普段よりも体が軽いです。笑ってしまうくらいに。

 

これからも個人的に続けていこうと思っていますので、皆さんも一緒にどうですか?

今回は、これくらいで終わります。

 

 

スポンサーリンク







フォロー&シェアしていただけると助かります(^^)/